適合コストと不適合コスト~プロジェクトマネジメント用語集~

本記事ではPMBOKの用語である品質コストと、「適合コスト」と「不適合コスト」について解説します。

本シリーズについて

本シリーズではPMBOKの要素についてわかりやすく整理・解説していきたいと思います。PMBOKとは、「プロジェクトマネジメント知識体系ガイド」です。PMBOKはシステム開発にかぎらず、あらゆるプロジェクトマネジメントのベストプラクティス集ですが、システム開発に携わるSEならば抑えておくべき内容です。

 

品質コストの全体像

品質の確保のためにかかる全てのコストは「品質コスト(Cost-Of-Quality:COQ)」といいます。
品質コストの中で、費用の使途によってさらに適合コスト不適合コストに分けられます。適合コストと不適合コストの中でも、更に細かい用途によって「評価コスト」「予防コスト」「内部コスト」「外部コスト」に分類されます。

 


図. 品質に関するコストの全体像

 

欠陥(トラブル)を防ぐために事前に投入されるコストが「適合コスト」で、欠陥が発生した後に、それに対応するためにかかるコストが「不適合コスト」です。

 

適合コストとは?

適合コストとは、欠陥を防ぐための活動に投入されるコストであり、さらに「評価コスト」と「予防コスト」に分類されます。

 

評価コスト

評価コストは品質が確保されていることを評価するためのコストであり、システム試験(テスト)にかかる費用や、検査に要する費用などが評価コストにあたります。

予防コスト

予防コストは品質を高めるための事前の活動に費やされるコストであり、要員のトレーニングチェックリスト作成などのプロセス文章化、品質管理を行うための機器の導入費用などがこれにあたります。

 

 

不適合コストとは?

不適合コストとは、欠陥が生じた後にそれに対応するために発生するコストです。不適合コストはコストの用途が内部(プロジェクト内)向けか外部(プロジェクト外)向けかによって「内部コスト」と「外部コスト」に分類されます。

内部コスト

内部コストとは、欠陥をプロジェクト内部で対応する際にかかる費用のことで、システムテストの結果バグが見つかり修正するためのコストであったり、部品メーカーなどであれば欠陥のあった部品の廃棄に伴うコストも内部コストにあたります。

外部コスト

外部コストは、欠陥によりプロジェクト外部に対し発生するコストです。

 

外部コストの例としては、システムバグが顧客の受け入れテスト時に発覚し、修正するために必要な費用であったり、システムトラブルが発生し、損害倍書請求された際のコストなどが外部コストにあたります。

また、目に見えないコストとしては品質が低いシステムを納品することによる信用低下(=企業ブランドイメージの毀損)とそれに伴う次回の受注を逃すことによる機会損失なども外部コストとして挙げられます。

 


 

 

図. (再掲)品質に関するコストの全体像

品質を確保するために必要なコストの観点を網羅的に検討しておくことで、予想外のコストを抑え安定したプロジェクト運営が可能になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です