Skypeを活用して仕事を効率化する方法

Skypeはビジネスでも広く利用されるようになってきた

一昔前まで、Skypeのようなチャットツールはプライベートで友人とやり取りする用途が主だった。しかし、時代の変化とともにビジネスでもチャットツールの有用性が認められ始め、昨今ではプライベートだけでなく、ビジネスでも広く使われはじめている。

 

 

また、ビジネス上のやり取りだけでなく、Skypeを使ったオンライン・セミナー(個別コンサルティングなども)や、英会話レッスンなど学習目的でも活用が進んでいる。

 

 

本稿では、Skypeを効果的に活用しビジネスで成果をあげるための方法を紹介したい。

 

Skype会議

一対一のコミュニケーションは勿論のこと、複数人での会議を行う場合もクリアに通信が出来て非常に便利だ。特に、iPhoneやAndroidのモバイルアプリで使用することも出来るため、手元にパソコンが無くとも会議に参加することができる

 

 

SEの仕事においては、システムトラブルの対応時にグループ通話が力を発揮する。トラブル発生時は事象の調査を行う役割と、各方面に連絡を取る役割で、密に連携をとりながら対応を進めていく必要がある。全員が近くにいればよいが、深夜など物理的に遠い場所で連携して対応を進める場合は、関係者全員を一つのグループ通話に招待することで、まるでその場にいるかのような臨場感で対応することが可能だ。

 

最強SEのシステムトラブル対応~基本編~

 

他には、働き方改革を実現し、生産性を向上させるためのテレワークの推進やプライベートでの電話代わりなど、Skype会議は幅広い用途で使用することができる。

 

[adsense]

Skypeチャット

通話を行うまでもない簡単なやり取りや、数字やグラフなど口頭では説明しづらかったり聞き間違いを防ぎたい場合などにはたSkypeのチャット機能が便利だ。

 

 

履歴(ログ)を議事録に利用することで、ちょっとしたやり取りを相手の状態を気にすることなく行える。特に、順序性のあるタスクを連絡を取り合いながら実施する場合などは電話をかけるよりもチャットでやり取りするほうが有効な場合もある。ファイルの連携やログの記録も簡単に行うことができ、ログを残す設定にしておけば会話した内容を議事録に起こす必要すらないため、仕事の生産性を上げるkとができる。

 

 

Skyoeでレッスン受講

自己研鑽のため、Skype通話を使って個人レッスンをオンライン上で受講することが可能だ。オンライン英会話のサービスは有名だが、ビジネスを学ぶためのオンライン・コンサルティングサービスなども存在しており、都心部にいなくても良質なレッスンを数多く受講することが可能だ。

 

 

また、Skype受講であれば通学の必要が無いため、忙しいビジネスパーソンでも時間を有効に使うことが可能だ。

 

 

まとめ

Skypeを使いこなせば場所の制約を受けずに会議を行ったり、オンライン上でレッスンを受講したりすることが可能だ。

 

Skype会議の議事録や、Skypeで受講したセミナーやレッスンの振り返りに、ここであげた方法を活用して欲しい。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください