WPA2~2分でわかるSE用語集~

本稿ではWPA2について、2分で読めるボリュームに要約して紹介する。

 

WPA2とは?

WPA2は、無線通信における通信方式(通信プロトコル)である。世の中の無線ネットワークを利用する機器は、その通信において一定の規格に従う必要がある。代表的な無線ネットワークの規格としてIEEE(アイトリプルイー) 802.11iがあげられる。

 

IEEE 802.11i自体は無線ネットワークの規格であるが、それがそのまま通信方式(通信プロトコル)であるかというとそうではなく、別途、規格に沿ったプロトコルを実装する必要がある。そして、IEEE 802.11iに沿った規格のうちの一つがWPA2というわけだ。他の規格・プロトコルとして、WPA2の前身であるWPAや、セキュリティ面での問題があり現在は利用が少なくなってきている、WEPといったプロトコルがあげられる。

 

図. 規格と通信プロトコルの関係

 

無線通信を行う際には、通信内容を他者に傍受された場合を考えて、通信内容を暗号化する。WPA2にも通信内容を暗号する仕組みが備えられているため、第三者が通信を傍受したとしても内容を解読することは出来ない。

 

 

WPA2は他のプロトコルと比較して新しいプロトコルであり、先にあげた2つのプロトコル(WEP,WPA)と比較してセキュリティ強度が高いという特徴がある。

 

 

まとめ

  • WPA2は、無線通信における通信方式(通信プロトコル)である
  • WPA2は、通信内容の暗号化を行う
  • WPA2は、従来のプロトコルと比較してセキュリティ強度が高い

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です