電車の中で記事を書いてみました。

電車内で立ちながらの投稿に挑戦

混雑している電車やバスの中でやれることは限られている。

 

疲れていて、座ることができれば席で眠るのもよいがそれもできない場合に有効に時間を使う方法として、これまでブログやニュースを読んだりといった情報インプットに時間を使っていた。

 

しかし、それでは、眠くなってしまう場合があるため、アウトプットとして、ブログ記事を書くことに挑戦してみた。

 

今後SEにもセルフ・ブランディングが求められる時代になる。自分の市場価値を高めるための手段の一つとして、ブログやツイッター、Youtubeなどでの情報発信は非常に有効だ。折角ならばアウトプットは自分だけでなく、発信するこでセルフ・ブランディングを行おう。

 

 

 

実施環境

某JR線で、40分程度の通勤電車内で、iPhoneを使って執筆。普段は下書きをテキストライターで書いてから、それをワードプレスに貼り付けているが、この記事は直接ワードプレスに書き込んでいる。

 

その他のツールは特に使用していない。

 

出来ること

・文章の打ち込み

意外だったのが、文章の投稿はそれほどストレスを感じずに行えた。普段から、構成を考える時間の方が長いからか、打ち込む速度の遅さはそれほどストレスには感じないことがわかった。

 

・写真のアップロード

写真のアップロードや挿入は意外と問題なく行える。スマホで撮影した写真をそのままアップロードできるため、ある意味PCよりも便利かもしれない。

 

出来ないこと

・多彩な書式の設定

PCであればワードプレス上で書式の設定なども容易に行えるが、スマホの場合は画面が小さく記事の文章を選択しながら書式のボタンを押下することに手間がかかるため、書式設定は必要最低限しか行うことができない。

 

・図の編集

記事中に説明のための図を用いる場合には、PowerPoint等を使用して作成している場合があるため、そうしたiPhoneではやりづらい。(勿論、ツールを使えば可能だろうが面倒)

 

 

まとめ

実は本稿は、電車での移動の時間だけを使って作成した。スマホでの記事作成は文字入力がキーボードに劣るため、その分、言いたいことを絞って伝えることに集中することになり、頭の体操になる。

 

今回はブログを投稿したが、今やインスタやツイッターなど、情報をアウトプットするツールとインフラは溢れている。情報を発信することで、自分自身のブランディングにも繋がってゆくためスキマ時間を有効に活用して、効率的に情報発信していこう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください