簡単7分!Google アドセンスで「収益に重大な影響が出ないよう、ads.txt ファイルの問題を修正してください。」の解消

先日、Adsenseにログインしたところ、以下のような警告メッセージが表示されていました。

アドセンスの警告メッセージ

要注意 – 収益に重大な影響が出ないよう、ads.txt ファイルの問題を修正してください。

この警告はAdsense広告を導入しており、ads.txtファイルを設置していないサイトに表示されるようです。詳細は公式のヘルプを参照。

本記事では、この警告メッセージが表示された場合の直し方をご紹介します。

ads.txtの準備(ダウンロード)

警告は「対象のサイトにads.txtがないよ」という主旨であるため、対処方法として、まずはサイトに設置するためのads.txtを準備しましょう。と言っても、自分で何かを作る必要はなく、ads.txtは、Google Adsenseの管理コンソールからダウンロードすることが可能です。

まずは、警告メッセージ上に表示されている[今すぐ修正]のリンクをクリックします。

警告の対象となるサイトが表示されるので、サイト名が正しいことを確認して、[ダウンロード]をクリックしましょう。

ads.txtのダウンロードリンク

ads.txtがダウンロードされるので、適当な場所に保管しておきましょう。特に内容を編集する必要はありません

ads.txtの内容

ちなみに、ads.txtにはサイト固有のサイト運営者IDが含まれています。サイト運営者IDはアドセンスの管理コンソールからも確認することができますが、ダウンロードリンクからダウンロードしたファイルには対象サイトのIDが自動的に記載されているので、編集する必要はありません。

ads.txtファイルをサイトに設置

自分のサイト用のads.txtを用意したら、対象サイトのルートレベルのドメイン(例: https://saikyouse.com/ads.txt)にアップロードします。ここではエックスサーバー(XServer)でファイルマネージャーを使う方法で紹介します。

別のサーバサービスを利用している方は自分でffftpなどのFTPソフトを使ってアップロードすることも可能です。

まずは、エックスサーバーのファイルマネージャーにログインし、自分のサイトのフォルダを選択します。

対象サイトのフォルダを選択

次に、[public_html]をクリックします。通常public_html配下が、サイトのルートドメインです。

public_html配下に移動

画面右側の[ファイルを選択]ボタンを押して、アップロードするファイル=先程用意したads.txtを選択しましょう。

アップロードファイルの選択

ads.txtを指定して[アップロード]ボタンをクリックします。

ads.txtのアップロード

public_html直下にads.txtが配置されれば、対応は完了です。

ads.txtをpublic_html直下に設置

エラーメッセージの解消を確認

ads.txtを配置した後しばらくすると、アドセンスの管理コンソールに表示されていたエラーメッセージは解消されます。おそらくGoogleのクローラーがサイトを見に行ったタイミングで正常に設置されていればOKなのだと思います。

アドセンス管理コンソールの警告メッセージが解消された

coyoの場合は数日後に再度アドセンスにログインした際には警告メッセージの表示がなくなっていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください