【現役SEのMBA挑戦記】純ドメゼロからのGMAT勉強記録#2019年6月~海外留学準備~

本記事では、現役SEであるcoyoがMBA留学を目指して準備をする中で、TOEFLの勉強についての記録を書きたいと思います。coyoは2018年の4月から緩やかにMBA留学のための準備をはじめました。本記事は2019年6月1日~2019年6月30日の記録です。

本記事の目的は、TOEFL勉強の勉強方法や時間の記録、会社員として働く中で自身を取り巻く環境と毎月の状況の振り返りです。

coyoは学生時代も、IT系企業でSEとして働き始めてからこれまでもずっと、純ドメスティックな環境で、英語を仕事で使う機会はほぼありませんでした。MBA挑戦を決めた年の家庭状況は、妻と2歳の息子が一人です。そんな人間が仕事×家庭×勉強でどんなふうに時間を調整しているのか、同様の環境でMBA留学を目指す方の参考になれば幸いです。

過去の記録はこちら↓

2019年6月 ←本記事です。今回からGMATの勉強記録をつけ始めています。

2019年6月の勉強記録

累計学習時間の記録

今月の学習時間は21.25時間でした。1日あたりの時間にすると42.5分の学習時間となりました。

2019年6月のGMAT学習時間

6月の学習時間は平均42分という結果でしたが、TOEFLの準備に平均一日90分程度費やしていたため、MBA関係に投じた時間としては2時間ちょいということになります。2020年の入学を目指す受験生としては、少なすぎますね。。。

2019年6月のGMAT学習状況グラフ

学習状況をグラフ化すると上記のとおりです。

2019年6月の振り返り

TOEFLの学習記録でも綴りましたが、6月は現業が繁忙期ということもあり、ほとんどMBAにかける時間が取れませんでした。なんとか休みの日を使って勉強を進めていますが、もっと集中して時間をかけたいところです。

ただ、自分の置かれた状況を考えるとMBAだけに集中するわけにはいきません。生半可な覚悟で達成できる目標ではないことは重々承知していますが、一日2時間の準備時間という前提をもとに計画を修正する必要がありそうです。ファーストラウンドは間に合わないかな。。。

今後の計画

Mathは理系ということも有り、とりあえずマスアカを2周して、あとはMockで実力を測りつつ難しい問題を潰していこうと思っています。目下は難敵であるVerbalを安定させるべく、SCとCRの準備を進めていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください