【Oracleクラウド】動作保証済みの持ち込みVM一覧

Oracle Cloud Infrastructureにおける動作保証済みの持ち込みOSは下記のとおりです。

※2019年7月時点の情報

# サーバ種類 対応バージョン
1 RHEL 4.5, 5.9, 5.11, 6.9
2 Windows Server 2008 R2 Standard, Enterprise, Datacenter
2012 Standard, Datacenter
2012 R2 Standard, Datacenter
2016 Standard, Datacenter
3 CentOS 4.0, 4.8, 5.11, 6.9
4 Ubuntu 12.04
5 Oracle Linux 4.5, 4.8, 5.11, 6.2, 6.5

なお、上記以外のOSも持ち込み自体は動作保証の対象外というだけで、持ち込みと利用自体は可能とのこと。詳細は公式サイトもしくはサポートへの問い合わせを行ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください