ICO格付けサイトにおけるINSの評価を解説します(日本語訳あり)~後編~

本記事ではICO格付けサイトであるICORatingによるINSの格付けを紹介したいと思います。

ICORatingの分析はボリュームが大きいので前後編に分割しています。本記事は後編です。前編はコチラ

 

ICORatingは世界のICO案件の格付けを行うサイトです。ICORatingは独立した分析研究を行い、ICOプロジェクトを評価し、評価を割り当てる格付け機関で、格付けはICO案件の技術的特徴、ビジネスモデル、チーム、分散インフラストラクチャーの長所と短所などによって行われます。

 

※INSのICOは2017/12/25までです。12月12日現在で約89%が完売しています。期間終了の前にハードキャップ(売り出し上限数)に達する可能性もありますので、購入を検討されている方はお早めに!ICO会場はこちら!

2017/12/27追記:

※INSのICOはハードキャップに到達し、完了しました。ICO参加者へのトークン配布は1/8、各取引所への上場は1/15を予定しています。詳細は、こちらの記事を参照ください。

 

 

 

ICO RatingによるINSのICO評価(後編)

[後編の目次]

  •  開発戦略とロードマップ
  •  マーケティング戦略
  •  プロジェクトの経済性
  •  リスク
  •  トークンの投資誘致力

以下は前編に記載

  •  レーティング
  •  概要
  •  プロジェクトサービスとその利用方法
  •  プロジェクトの技術的特徴
  •  マーケットレビュー
  •  競争相手と競争優位性
  •  チーム

【Development strategy and Roadmap】(開発戦略とロードマップ)

The experience of the founders accumulated earlier when working on Instamart will contribute to the development of the INS product.

Instamartで働いていた創業者の経験は、INS製品の開発に貢献します。

Within the framework of the project the founders singled out these main goals:

このプロジェクトの枠組みの中で、創設者は以下の主な目標を選んでいます。

– Transfer of the service to blockchain.
– Applications and website for users.
– Development and expansion of the ecosystem.

– ブロックチェーンへのサービスの転換
– ユーザーのためのアプリケーションとウェブサイト
– INSエコシステムの発展と拡大

The geography of the expansion is presented below. The project is planned to be developed from Asia (Tokyo and Seoul). These cities have no legal restrictions on the use of cryptocurrency. Based on the general scheme for project development the final product will appear at the end of 2018.

展開の予定を以下に示します。

このプロジェクトは、アジア(東京とソウル)から開発される予定です。 これらの都市には、暗号侵害の使用に関する法的規制がありません。 プロジェクト開発のための一般的なスキームに基づいて、製品は2018年末にリリースされる予定です。

 

【Marketing Strategy】(マーケティング戦略)

The intended clients are individuals and manufacturers of everyday goods. The company itself is a platform where they can make transactions without the additional filter of retail networks. At the same time, according to the founders, the price of goods for buyers will be up to 30% lower than on existing retail networks.

意図するクライアントは、個人消費者と、食料品の生産者です。INSプラットフォームは小売業者による中間手数料なしで取引を行うことができるプラットフォームです。同時に、創業者によれば、消費者が購入する商品の価格は、既存の小売業者から購入する場合と比較して30%も低くなります。

The largest blockchain-focused PR agency, Wachsman PR, is engaged in PR for INS in order to attract investors for the ICO. A client list for Wachsman PR can be found at http://wachsmanpr.com/our-work/

最大のブロックチェーンに焦点を当てたPR代理店であるWachsman PRは、ICOの投資家を引き付けるためにINSのPRに従事しています。 Wachsman PRのクライアントリストはhttp://wachsmanpr.com/our-work/にあります。

The company is publishing articles in specialized publications to attract interest in the project. At the time of writing, articles about INS have been published in more than 280 publications: English, Asian and Russian. There are articles in Huffington Post, The Merkle, MorningStar News BTC, Coin Speaker, Coin Idol, Entrepreneur Inc, The Telegraph, The Sun, Business Insider, and many others . There are planned articles on other crypto sites and journals.

同社は、プロジェクトへの関心を引くために専門誌に記事を掲載しています。本レポートを執筆時点では、INSに関する記事は、英語、アジア、ロシア語の280以上の出版物に掲載されています。 Huffington Post、The Merkle、MorningStar News BTC、Coin Speaker、Coin Idol、Entrepreneur Inc、The Telegraph、The Sun、Business Insiderなどの記事があります。 他の暗号サイトとジャーナルにも記事の出稿が予定されています。

As for social media, the project has a chat channel on Telegram (more than 5000 followers) and on BitcoinTalk (more than 110 pages).

ソーシャルメディアに関しても、プロジェクトにはTelegram(5000人以上のフォロワー)とBitcoinTalk(110ページ以上)のチャットチャンネルがあります。

INS has signed memoranda of trust with global players such as Unilever, MARS, Campina, Valio and Reckitt Benckiser. A memorandum with Coca-Cola is expected to be signed. This confirms interest in the project from large manufacturers.

INSは、ユニリーバ、MARS、Campina、Valio、Reckitt Benckiserなどのグローバルプレーヤーとの信頼の覚書に署名しました。 コカ・コーラの覚書に署名する予定です。 これは、大手メーカーからのプロジェクトへの関心を確認するものです。

In general, it is notable that the project ICO is being promoted quite actively. It is likely that by the beginning of the ICO the project will gain a loyal community.

一般に、プロジェクトのICOがかなり積極的に推進されていることは注目に値します。 ICOの立ち上げで、このプロジェクトは強力なコミュニティを獲得する可能性が高いと考えられます。

 

【Economy of the Project】(プロジェクトの経済性)

INS charges a commission at the rate of 1% of the value of products sold on the platform. Commission is paid by the manufacturers.

INSは、プラットフォーム上で販売される製品の価値の1%の割合で手数料を請求します。 手数料は生産者によって支払われます。

The team does not cite information on operating expenses nor forecasts of turnover in the documentation, due to legal recommendations. This is unfortunate, as it does not allow a potential investor to independently calculate the viability of the chosen business model.

チームは、法的な勧告のために、文書の営業経費や売上予測に関する情報を引用していません。 これは潜在的な投資家に対し投資分析の計算を阻むことに繋がるため、マイナス要因です。

We note that the team provides Planned Fund Allocations in the white paper based on a hard cap of $18 million:

チームは、18百万ドルのハードキャップに基づき、ホワイトペーパーに計画的資金配分を提供しています。

When the soft cap (20,000ETH) is reached, the distribution of funds will be the following:
ソフトキャップ(20,000ETH)に達すると、資金の配分は次のようになります。

——–
研究開発 58.3% 3,500,000
マーケティング&セールス 16.7% 1,000,000
管理運営 16.7% 1,000,000
法対応 3.3% 200,000
コンティンジェンシー(予備費) 5.0% 300,000
合計 6,000,000
——–

 

The $2.6 million from the tokensale which the team is planning to spend on Admin and Operations financing will support the viability of the platform in the period up to achievement of self-sufficiency. These costs are estimated over 3 years.

ICOで調達した260万ドルは、INSが利用者からの手数料で運営管理が出来るようになるまでの間、チームがエコシステムの運営管理を行うために使用されます。これらの費用は3年間にわたって見積もられています。

Reaching the hard cap of $18 million will be enough to fully implement the project, according to the team. If not achieved, obviously less money will be channeled into the launch in different cities and regions. Apparently, the team will have to focus on a narrower list of locations.

チームによると、1800万ドルのハードキャップに達することでプロジェクトを完全に実施するのに十分な資金を得られるとしています。 ハードキャップが達成されなければ、チームはより狭い地域を対象にエコシステムの構築を進めていくことになります。

Thus, the presence of a soft cap protects early investors from the risk of a shortage of funds for project implementation. However, from the point of view of the investment attractiveness of the token, the closer the results of the crowdsale to the hard cap, the more the team will be able to expand into new regions.

このように、ソフトキャップが存在することにより、投資家の初期投資家がプロジェクト実施のための資金不足のリスクから保護されます。しかし、トークンの投資魅力の観点からは、クラウドデールの結果がハードキャップに近づくほど、チームは新しい地域に拡大することができます。

※INSはトークンセール初日にソフトキャップを達成しています。

 

【Risks】(リスク)

The founders admit to a high level of risk with investing in INS tokens. A significant part of the risk described in the white paper have the character of a disclaimer, since they can relate to any project involving cryptocurrencies and using smart contracts, but the main significant risks are related to regulation in different jurisdictions.

創設者は、INSトークンへの投資リスクが高いことを認めています。 INSのホワイトペーパーにおけるリスクに関する記載は、INSが暗号化通信やスマートコントラクトを使用しているため、免責事項としての性格も持っていますが、重要な部分は地域ごとの法規制に関するリスクです。

The project model assumes active movement of INS tokens from individuals to legal entities, but currently it is unclear how legislation in different countries will develop in the regulation of cryptocurrencies. The project objective is not to suffer from this; however in the case of regulatory tightening or even a ban on the use of cryptocurrencies in individual countries, the creators will have to significantly redesign the business model of the project and the price of INS tokens may suffer greatly from this.

このプロジェクトモデルは、個人と法人のINSトークンを介した積極的な取引を前提としていますが、現時点では、仮想通貨取引の規制が各国の法律でどのように発展するかは不明です。 プロジェクのビジョンは、これにより妨げられることはありませんが、規制緩和や個々の国での暗号化通貨の使用の禁止など、規制による影響でプロジェクトのビジネスモデルを大幅に再設計しなければならず、INSトークンの価格はこれによって大きく損なわれる可能性があります

As can be seen from the market review, intermediaries between buyers and manufacturers control a vast proportion of the multibillion dollar FMCG market, i.e. retailers. The project aims to take away part of this market and as a result to reduce revenues and influence from retail networks. This means that in the implementation of the goals set, the team will be actively opposed by a powerful lobby which would be potentially able to collude with current governments and change regulations and laws.

市場レビューから分かるように、消費者と生産者との間の仲介業者(小売業者)は、数十億ドルのFMCG市場の大部分を支配しています。 このプロジェクトは、この市場の一部を奪い、小売ネットワークからの収益と影響を減らすことを目指しています。 これは、目標設定の実施において、現行の政府と結託して規則や法律を変更する可能性のある強力なロビーに積極的に反対することを意味します。

Again, we see the risk in the absence of information about the parameters of the platform economy.

 

ここでも、プラットフォーム経済のパラメータに関する情報がない場合のリスクがあります。

We also identified risks for tokenholders associated with the presence of representatives of investment funds amongst the advisors specializing in investing in crypto assets.

また、投資資産の投資に特化したアドバイザーの間で、投資ファンドの代表者の存在に関連するトークンホルダーのリスクを特定しました。

【Token investment attractiveness】(トークンの投資誘致力)

INS tokens can be used by consumers to pay for products sold on the platform and should be used by manufacturers to pay for all types of reward. Moreover, producers must freeze the share of revenues from the previous month in order to guarantee payment of all rewards.

INSトークンは、プラットフォーム上で販売される製品の支払いに消費者が使用することができ、報酬を支払うために生産者によって使用されることを想定しています。 さらに、生産者は、前月の収入分を報酬の支払いのために確保する必要があります。

Thus, the following picture emerges: manufacturers products are sold for fiat, BTC, ETH and INS and the share of revenues that must be frozen is calculated from the total revenue. Accordingly, token demand will be maintained regardless of whether consumers will use them to pay for goods: demand will be provoked either by consumers or by manufacturers who will be forced to convert fiat revenues and/or revenues in BTC and ETH into INS.

したがって、次のことが想定されます。メーカーの製品は、法定通貨、BTC、ETH、およびINSで販売され、前月分の売上は総収入(通貨にかかわらず)から計算されます。したがって消費者が商品を支払うためにINSを使用するかどうかにかかわらず、トークンの需要は維持されます。消費者からのBTCおよびETHの収入は、それに応じた報酬を支払うために生産者がINSを購入することを強制します。これによりINSトークンの需要が誘発されます。

The manufacturers will naturally have production and other costs which must be financed from their revenue. This means that most of the revenue will be converted into fiat. However, given the diversification of income currency, as well as the illiquidity of INS tokens in comparison with BTC and ETH, it is likely that INS tokens will be converted last. Thus, there is reason to believe that manufacturers will not sell the entire amount of revenue nominated in INS tokens to the market.

生産者は当然のことながら、生産およびその他の費用を負担することになります。これは、ほとんどの収入が最終的に法定通貨に変換されることを意味します。この時、支払いに用いられる他の仮想通貨(BTCやETH)と比較してINSトークンは流動性が低いため、INSトークンは最後に変換される可能性が高いです。そのため、生産者は、INSトークンで支払われた収入の全額を市場で売却することにはならないでしょう。

Representatives of INS predict that no more than 20-30% of revenue in INS tokens will be sold. This is overly optimistic from our point of view; however, we agree that supply will be less than demand, provided that the platform gains popularity.

INSの代表者は、INSトークンの売上の20-30%しか売却されないと予測しています。 これは楽観的な数字かもしれませんが、プラットフォームが普及すれば、供給は需要より少なくなることが想定されます。

INS tokens stored on the balance will participate in further circulation within the system. Manufacturers will accrue rewards for consumers in these tokens, and consumers in turn are more likely to return them to the accounts of manufacturers by purchasing new products.

INSエコシステムの参加者が保有しているINSトークンは、システム内でさらに流通します。 生産者はこれらのトークンを消費者に対する報酬として利用し、消費者は新しい商品を購入することによりINSトークンを利用します。

The concept of the token, from our point of view, is quite successfully worked out. The token has a long-term value growth potential which will depend on the growth of turnover within the platform. At the same time, token demand will exceed supply due to diversified revenue structure of the manufacturers. Thus, we recommend participation in the INS ICO, subject to acceptance of the risks identified in this review.

我々の視点から見ると、トークンの概念は非常によく検討されたものです。 トークンは、プラットフォーム内での売上高の増加に依存する長期的な価値成長の可能性があります。 同時に、メーカの収益構造の多様化により、トークン需要は供給を上回ります。したがって、本レビューで特定されたリスクを受け入れることを条件に、INS ICOへの参加を推奨します。

 

 

 

Disclosure: Dmitry Filatov, the founder of ICORating, is an advisor in the INS project.

ディスクロージャー:ICORatingの創設者であるドミトリー・フィラトフ(Dmitry Filatov)は、INSプロジェクトのアドバイザーです。

 

Disclosure(免責事項)

The information contained in the document is for informational purposes only. The views expressed in this document are solely personal stance of the ICOrating Team, based on data from open access and information that developers provided to the team through Skype, email or other means of communication.

この文書に記載されている情報は情報提供のみを目的としたものです。 このドキュメントに記載された見解は、オープンアクセスのデータと、開発者がSkype、電子メール、またはその他の通信手段を通じてチームに提供した情報に基づいて、ICOratingチームの個人的な姿勢のみを示しています。

Our goal is to increase the transparency and reliability of the young ICO market and to minimize the risk of fraud.

私たちの目標は、未成熟なICO市場において透明性と信頼性を高め、詐欺のリスクを最小限に抑えることです。

We appreciate feedback with constructive comments, suggestions and ideas on how to make the analysis more comprehensive and informative.

分析をより包括的で有益なものにするための建設的なコメント、提案、アイデアをフィードバックしていただきたいと思います。

 


 

本記事はボリュームが大きいので前後編に分割しています。

本記事は後編です。前編はコチラ

 

※INSのICOは2017/12/25までです。12月12日現在で約89%が完売しています。期間終了の前にハードキャップ(売り出し上限数)に達する可能性もありますので、購入を検討されている方はお早めに!ICO会場はこちら

 

 

原文:https://icorating.com/analytics/indepth/ins-rating-review/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください