iPhoneの「キーボードデータ(日本語と中国語)」の正体

本記事ではiPhoneのバックアップ設定にある「キーボードデータ(日本語と中国語)」という項目について解説しています。

 

結論から言うと、これはiPhoneで日本語や中国語のテキストを入力した際の履歴を保存しているデータです。ウイルスやスパイウェア(端末の情報を盗み取る目的で悪さをするソフトウェア)と言った類の物では無いのでインストールした覚えがないのにデータが存在していても、問題ありません。

 

キーボードデータ(日本語と中国語)って何者?

キーボードデータ(日本語と中国語)は中国語や日本語の辞書データや入力履歴データです。

 

iOS8.0以降で設定から以下の部分をタップするとAppleIDやiCloudの設定をする画面が開きます。

 

iCloud > ストレージを管理 > バックアップ > バックアップ対象のiPhone (“このiPhone“と表示されているもの。) を選択すると、バックアップ対象アプリケーションデータを選択する画面が表示されます。

 

「すべてのAppを表示」をタップすると、バックアップ対象の選択が可能な全てのアプリケーションが表示されます。

 

 

基本的には最初から入っているアプリか、AppStoreからダウンロードしたアプリケーションが表示されていますが、その中に「キーボードデータ(日本語と中国語)」という項目があります。

 

これが、辞書データやテキストデータの入力履歴を保持しているデータです。日本語や中国語の入力を補助するためのデータで、以前に入力したことがある文章を予測変換などで表示させるために保存しています。

 

履歴データを消す方法

おまけとして、iPhoneで入力履歴データを消す方法を紹介します。

設定 > 一般 > リセット

で表示される下記の画面から、「キーボードの変換学習をリセット」をタップすると、このデータを削除することができます。

 

iPhoneで恥ずかしい言葉を入力してしまい、予測変換の候補に出てくるようになってしまった場合でも、このデータを削除しておけば安心ですね。誤って他の必要な設定を消去してしまわないように注意しましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください