【タスク管理】Todoistの年次レビュー機能で2018年の振り返り行いました【GTD】

本記事ではTodoistの年次レビュー機能で表示されるレポートの内容と、使ってみた感想を紹介します。

2017年度分のレポートも振り返っています↓

【Todoist】2017年の年次レビュー機能で振り返り行ってみた

Todoistに関しては、以下の記事も参考にしてみてください↓

個人で利用するのにお勧めなタスク管理ツール「Todoist」の紹介

簡単10分!Todoistの導入手順を紹介します

Todoistを使って一歩進んだタスク管理を行うための4つの具体例

最強SEのタスク管理ツール(デジタル編)

coyoは個人用のタスク管理ツールにTodoistを使っています。Todoistは自宅のPC、会社のPC、モバイルと複数のデバイス間でTodoを一元的に管理することができるため、個人のTodoを管理するのに非常に有効です。2017年から使い始めて、すぐにプレミアム会員に登録しました。依頼ずっとプレミアムで利用しています。月額300円かかりますが、TODO管理は高生産性を達成するために非常に重要なので、個人的には非常にお買い得価格と感じます。

今年も、Web版のTodoistにログインすると「2018年の年次レポートが作成されました」というアナウンスが表示され、年次レポートが作成されていました。Todoistにはタスクの集計や生産性の算出を行ってくれる機能がありますが、1月には年間を振り返ってレポートを出してくれます。

この内容が、結構面白いです。今年も自分のレポートを参考に、年次レビュー機能を紹介したいと思います。

coyoの2018年の年次レポート

さて、早速レポートの内容を見ていきたいと思います。coyoはTodoistを2017年から使っていますが、最初は手帳や他のデジタルツールと並行して利用しており、2017年の7月頃からTodoistに一本化しました。2018年は完全にTodoist1本でタスク管理していました。

完了タスクの総数

最初に、完了したタスクの総数です。coyoは2017年は5320件のタスクを完了しました。2017年は7月から使い始めて1830件のタスクを完了しているので、月あたりに完了したタスク数としては増えていますね。

完了したタスク数はタスクの粒度によっても変わるものなので、人と比較することにあまり意味はありませんが、自分が普段Todoistに登録して管理しているタスクの数をイメージすると、何もやっていないようで意外とやることは出来た一年だったんだなぁ・・と気付かされます。

平均で1日14件のタスクを完了しているそうです。多いか少ないかは微妙です。今度、自分のタスク管理の粒度についても記事にしてみたいと思います。

月別の生産性レポート

次に、月ごとの生産性分析の結果です。完了したタスクの総数が表示されます。coyoが最も生産性の高かった月は8月で、541件のタスクを完了しました。ちなみに、昨年の生産性トップ月も8月でした。なんでだろう。。

参考)2017年の月別生産性

曜日別の生産性レポート

次に、曜日ごとの生産性レポートです。coyoが最も多くのタスクをこなしている曜日は月曜日で、2018年の月曜日に完了したタスクの件数は943件でした。

この傾向も2017年から継続しています。毎週繰り返し行うタスクを月曜の早朝時点で一気に片付ける傾向があるからと分析しています。

時間帯別の生産性レポート

次に、時間帯別の生産性レポートです。

2018年 時間帯別生産性レポート

実は昨年度のレポートでも10時に多くのタスクを片付けていることがわかり、2018年は時間の使い方として個人で完結するタスクの作業時間を9-11時に集中させるように工夫しました。

これは、自分では全く意識していなかった観点です。他にも、タスクを多く完了している時間帯と、そうではない時間帯が顕著で、自分の一日の時間の使い方が見えてきます。また、夜にタスクがたくさん残っているとやる気が無くなるので(笑)なるべく夕方までに重要なタスクを終わらせるように意識していました。理想としては18:00前までにほぼすべてのタスクが終わるようにしたいです。2

その他の分析結果

Todoistでは、最も多くのタスクを完了/延期した日や、日次(週次)でゴールを達成した日が連続した期間を分析してくれます。こちらは、参考程度ですね。


月曜の午前中は一週間の行動を計画しているので、思いついたタスクをガンガン登録(シンプルな入力で登録すると当日期限で登録される)し、そのあといつやるかを計画してその日付に設定し直しているので、上記のような結果となっています。

獲得カルマポイント

「カルマポイント」とは、Todoist内で期限内にタスクを完了させると貰えるポイントです。ゲーミフィケーションの要素ですね。

2018年のカルマポイントは11581ポイントでした。2017年は12372ポイントだったので、一歩及ばずという結果でした。というか、利用期間が違うから昨年より大幅に悪い??カルマポイントの算出方法を把握していないのでなんとも言えませんね笑

今年はグランドマスターとして一年を終えたようです。達人になるためにはあと2~3年は必要かなぁ。。

参考)2017年のカルマポイント

ちなみに、昨年はカルママスターだったので、今年は1ランクアップすることができました!

また、自分が完了したタスク量を他のTodoist利用ユーザと比較した結果も表示されます。coyoは、思ったよりヘビーユーザー(ないしは、タスク粒度が細かい)であるようです。

なんとトップ1%のユーザにランクインしました。

タスク管理を全てTodoistに移行しているだけあって、トップ1%のヘビーユーザーに認定されました!笑

おわりに

いかがでしたでしょうか。自分で集計するのは面倒ですが、こうして自動で統計を表示してくれると、ついつい見てしまいますね。昨年の振り返りから、行動につながる新しい気付きを得ることが出来たので、2019年も引き続きTodoistライフを送り、さらなる生産性向上を目指したいと思います。

2017年度分のレポートも振り返っています↓

【Todoist】2017年の年次レビュー機能で振り返り行ってみた

Todoistに関しては、以下の記事も参考にしてみてください↓

個人で利用するのにお勧めなタスク管理ツール「Todoist」の紹介

簡単10分!Todoistの導入手順を紹介します

Todoistを使って一歩進んだタスク管理を行うための4つの具体例

最強SEのタスク管理ツール(デジタル編)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください