UIPathStudioでプロキシサーバ経由のアクチベーションを行う方法

本記事ではUIPathのでプロキシサーバ経由でライセンスのアクチベーションを行う方法を紹介します。

 

UIPath Studioのコミュニティエディションを使うためには、ライセンスのアクティベーションが必要ですが、プロキシサーバ経由でないとインターネットに接続できない環境下の場合、デフォルトの設定ではアクティベーションを行うことができません。

 

UIPath StudioのCommunity Editionのライセンスアクティベーションをプロキシ経由で行う方法

 

UIPath Studioのコミュニティエディションを初めて起動したとき、ライセンスのアクティベーションを行う必要があります。お使いの環境がインターネットに直接接続可能であれば問題ありませんが、プロキシサーバ経由でないとインターネットに接続できない環境の場合、デフォルトの設定ではエラーとなりアクティベーションを行うことができません

 

プロキシサーバ経由の場合は、以下の設定を行うことでプロキシサーバ経由でUIPathのライセンスのアクティベーションをプロキシサーバ経由で行うことができます。

 

設定変更方法

C:\Users\[ユーザ名]\AppData\Local\UiPath\[UIPathのバージョン(app-XX.X)]\UiPath

配下のlicense.configファイルに下記のエントリーを追加する。

<ProxyIP>プロキシサーバのIP(ホスト名)</ProxyIP>
<ProxyPort>プロキシのポート番号</ProxyPort>
<ProxyUsername> プロキシユーザー名 </ProxyUsername>
<ProxyPassword> プロキシパスワード </ProxyPassword>

 

例:C:\Users\coyo\AppData\Local\UiPath\app-18.2.4\UiPath\license.config

 

上記の設定を行ったら一度UIPath Studioを終了して、再度起動してアクティベーションを試すと、プロキシ経由でもアクティベーションを行うことが可能です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください